敏感肌の原因は○○正しい対策法で美肌を手に入れる!

女性を悩ませる「敏感肌」。その原因は一体なんなのでしょうか引き起こす原因を解明して、改善方法をまとめてみました!

女性の肌

参照元:photo-ac.com

敏感肌とは

洗顔の後にヒリヒリした痛みがあったり、化粧水をつけると赤くなったり、外的な刺激に弱いお肌を敏感肌といいます。
約70%の女性が悩みとして抱えている「敏感肌」の原因は、スキンケアや生活習慣など人によって異なります。

敏感肌

参照元:photo-ac.com

人によりますが、今まで使っていた化粧水が突然合わなくなり、お肌が荒れてしまうケース。

また、アレルギーによって炎症を引き起こしてしまうケースや、季節の変わり目などにお肌に痒みが出てきてしまうケースもあります。

一口にこれが敏感肌だという明確な基準はないけど、原因はあるので、しっかりケアを行って敏感肌を卒業しちゃいましょう!

敏感肌の原因

それでは、敏感肌になる原因は1つずつ確認していきましょう。

■間違ったスキンケア

洗顔

参照元:www.photo-ac.com

元々、お肌に合わない化粧品などを使い続けてしまうと、それが逆効果となりダメージをお肌に与えてしまう原因となります。

また、ゴシゴシと力強く洗ってしまうのはNGです。

皮脂は天然のクリームと言われていて、それを剥がしてしまう原因になります。

洗顔料をしっかりと泡立てて、洗顔するようにしましょう。

■環境の変化

紫外線

参照元:A_Werdan

夏になれば紫外線、冬は空気の乾燥など、外的な刺激が一番の原因とされています。

冬でも微量の紫外線を浴びている状態なので、UV対策はしっかりと行いましょう。

また、ストレスや不規則な生活習慣などもお肌の抵抗力が落ちるので、敏感肌の原因とされています。

不規則な生活をしている方は、正しい生活リズムに整えることが大事です。

■アレルギー

アレルギー体質の方は、遺伝の場合が多いんです。

皮膚科に通って治療を受ければ、改善が期待できます。

不規則な生活は、大病の原因

生活リズムの乱れは、身についてしまうとなかなか治りません。

しかし、不規則な生活は体調を崩す原因にもなり、敏感肌だけではなく大きな病気の原因にもなります。

生活リズムを整えるだけで、敏感肌以外の対処も出来るので、これをきっかけに規則正しい生活を送るよう心がけてみませんか

食生活を改善する

忙しいというのを言い訳に、いろいろと後回しにする日々を過ごしていませんか

必要な栄養がお肌に行き渡らなかったり、栄養が偏ってしまうとお肌の環境は崩れてしまいます。

●偏った食生活

間食

参照元:cegoh

ついついファストフードばかり食べてしまったり、甘いものばかり食べすぎてしまうと必要な栄養が不足してしまい敏感肌の要因となります。

忙しいと朝食を抜いてしまいがちですが、朝昼晩と3食しっかりと摂りましょう。

ビタミン

参照元:Maklay62

また、ビタミン類はお肌環境を整えるのにとっても良い栄養素のひとつです。

傷んでしまったお肌再生してくれたり、老化の予防にもなります。

ピーマンやブロッコリー、いちごやキウイなどを摂取すると、更に効果的です。

お酒

参照元:Seo_Seungwon

お酒は適量であれば、全く問題ありません。

しかし、飲みすぎてしまうとアルコールを分解する為に水分が必要になるので、お肌の水分が不足してしまい乾燥の原因になります。

また、冷たい食べ物の摂り過ぎも良くありません。

体が冷えてしまい、血行が悪くなり栄養がしっかりと行き届かなくなってしまいます。

睡眠をしっかりとる

「22時~2時」の時間は、肌のゴールデンタイムといわれています。

睡眠

参照元:DieterRobbins

この時間帯は、脳や体を休めて血流や栄養がお肌にしっかりと行き渡る重要な時間なので、この時間に睡眠をとるようにしましょう。

寝付きの悪い方は、湯船に浸かったり軽い運動をして深い眠りにつけるように心がけましょう。

また、半身浴も効果的です。

ストレスを溜め込まない

ストレスを溜め込んでしまうと、お肌の免疫が低下していきます。

溜め込む前にしっかりとストレスを解消するように心がけましょう。

運動

参照元:skeeze

軽い運動は、質の良い睡眠もとれるしストレス解消にもなります。

駅から家までの距離を歩いてみたり、散歩をして風景を見るだけでも効果的です。

また、音楽を聞いたり歌う事もストレス解消の方法になるので、自分なりのストレス解消法でストレスレスな生活を送るように心がけてみましょう。

まとめ

いかがでしたか

生活のリズムが崩れてしまうと、体調にも影響が出てしまいます。

リズムを正しく整えるための対策をしっかりと行い、敏感肌とお別れしましょう!