お手軽スーパーフードといえばカカオ。美容の効果効能とは

チョコレートの原料としても、皆さんご存知の「カカオ」。カカオには、沢山の美容効果が詰まっています。スーパーフードとしても、一番お手軽に手に入れることが出来るカカオには、どんな効果があるのでしょうか。詳しくまとめてみましたので、是非ごらんください!

カカオ

参照元:stux

カカオとは

カカオは、チョコレートの原料であるカカオの種子です。

原産は古代メキシコで、不老長寿の秘薬として使われていたそうです。

カカオは、15世紀ごろまで貨幣として使われていたくらい、インカの人にとってはとても貴重なものでした。

カカオ

参照元:thecakeschool

スーパーフードとしてのカカオは、パウダータイプと実の2種類あります。

中でもそのまま食べられる実のタイプは、最近注目を集めているんです。

アンチエイジングパワーが抜群

「神の食べ物」と称されるほど栄養価の高いカカオニブです。

強い抗酸化力も兼ね備えたスーパーフードとして、美容愛好家に親しまれています。

カカオニブの抗酸化力を「ORAC値」という抗酸化力を表す数値で比べてみると、パウダーの場合、なんとブルーベリーの10倍以上の非常に高い値を誇っているんです。

カカオニブなどに含まれている「カテキン」などのポリフェノール類が、抗酸化力の働きを担っています。

カテキンは、緑茶などにも含まれていて抗酸化の強い成分なんです。

その為、アンチエイジング効果がかなり高い成分ともいわれています。

それだけではなく、「生活習慣病」や「感染症」、「ガン予防」といった様々な健康効果も持ち合わせています。

だからこそ、美容だけではなく健康にもとっても良いのがカカオなんです。

免疫力を高める・炎症を抑える

チョコレートを食べると、ちょっぴり幸せな気持ちになったり、安心や癒しを感じたりした時ありませんか

単に甘いものを食べているから幸福感を感じているというわけではありません。

実は、「しあわせホルモン」と呼ばれる物質がカカオに含まれているんです。

「アナンダアミド」は、「高揚感」、「癒し」などを与えてくれると言われる脳内麻薬物質の一つです。

炎症や免疫の調整などにも作用する成分なんです。

カカオ

参照元:526663

また、恋をしたときに脳内で分泌される「フェニルエチルアミン」という物質には、「ドキドキ感」、「ときめき感」を感じられる効果があります。

こういった精神作用のある成分がカカオには含まれているんです。

美肌効果

カカオには、テオブロミンという成分が含まれています。

カカオ

参照元:526663

この成分には、新陳代謝をあげる働きがあります。

お肌の代謝が良くなるので、お肌の環境が整います。

カカオのレビューや口コミ評価・評判に関するツイート

さいごに

様々なスーパーフードがありますが、その中でも一番手軽に買うことが出来るのがカカオ。

スーパーフードに興味があっても、なかなか入手出来なかったり、価格が高くて手に付けにくかったり。

そんな方には、カカオが一番オススメなので、是非これを機会に自分磨きにいそしんでくださいね◎