葉酸は妊婦にとって必要なの赤ちゃんや体への害や効果効能!

妊娠すると、葉酸を摂ること大事だと言われますよね。でも実際、葉酸がどんな効果を発揮してくれるんでしょうかそんな気になる葉酸についてまとめました。妊活中の方、妊娠初期の方、是非参考にしてみてくださいね◎

妊娠

参照元:TawnyNina

葉酸って何

良く聞く葉酸。

実際どんなものなのでしょうか。

葉酸は、ほうれん草や、ブロッコリーなどの植物の葉っぱの部分に多く含まれています。

ほうれん草

参照元:Unsplash

水溶性ビタミンB群の一種で、体内の葉酸が不足してしまうと、「口内炎」「下痢」など体に悪影響を及ぼします。

葉酸には、代謝をあげて、細胞の生産や再生を助ける働きがあるので、体を育てて元気な状態をキープするのに、とても有効な成分と言われています。

その為、人間の体にとって葉酸は大事な栄養素の1つなんです。

なぜ妊娠中に葉酸を摂取しておくべきなのか

なぜ葉酸を妊娠中に摂取しておくべきなのかというと、赤ちゃんに影響があるからなんです。

赤ちゃん

参照元:karenwarfel

赤ちゃんを授かるのはとても大変なことです。

折角授かった赤ちゃんには、「元気に産まれて来てほしい」と願う方が殆どでしょう。

葉酸は、妊婦や赤ちゃんを栄養不足や病気から守ってくれる栄養素なんです。

特に、妊娠初期(4~12週)は疾患や発達障害のリスクがかなり高くなると言われています。

妊娠

参照元:Pexels

葉酸を積極的に摂取することによって、細胞の生産を助けてくれるので、お腹の中の赤ちゃんも健康的に育ちますし、妊娠中のお母さんの栄養補給も助けてくれます。

その為、妊娠中に葉酸を摂取することを、推奨しているんです。

「絶対に葉酸を摂らなければいけない」というわけではありませんが、リスクを減らすことが出来るので、今の妊婦さんに葉酸の摂取をオススメしているんです。

具体的にどんなリスクを回避できるの

まず、一番のリスクは「神経管閉鎖障害」です。

特にこのリスクは、妊娠初期(4~12週)に起こりやすいといわれています。

この時期は、胎児の脊髄、脳などの神経細胞が作り始められる期間です。

葉酸の不足によって、胎児の成長を妨げてしまい、障害が起こるリスクが高まってしまいます。

ただこれは、葉酸を摂取すれば完全に防げるというわけではありません。

他にも要因はありますが、なるべくリスクを回避するためにも、厚生労働省でも効果の認められている葉酸を積極的に摂取することをオススメします。

葉酸を摂取しても体や赤ちゃんに害はないの

葉酸は、体内に入れるものです。

実は、副作用があったり、リスク回避する代わりに代償があるのではないか・・・なんて心配されていると思います。

しかし、葉酸は、イチゴやほうれん草など、私たちが日頃食べているものに普通に含まれています。

その為、体への害は一切ありません。

ですが、葉酸はとっても熱に弱いので、サプリメントなどで補給するのが一番良いでしょう。

ただ、過剰に摂取しすぎてはNGです。

また、添加物や化学薬品が配合されているサプリメントは危険です。

赤ちゃんの発育に影響を与えてしまうので、喘息などを引き起こしてしまう要因となります。

葉酸のサプリメントを購入する場合は、しっかりと成分を確認する事をオススメします。

オススメの葉酸サプリメント

実際に、どの葉酸サプリを選ぶべきなのでしょう。

葉酸サプリは、かなりの種類が販売されているので、どれが一番いいのか悩んでしまいがちです。

赤ちゃんにあまり影響のないものを選びたいと思っている方には、「めぐりの葉酸」がオススメです。

めぐりの葉酸

めぐりの葉酸は、100%天然素材で作られています。

添加物や保存料は一切入っていませんので、安心して摂取することが出来ます。

さらに、GPM認定の工場で製造されているので、品質管理も徹底しています。

苦味もなくてとても飲みやすいという点もオススメです。

また、今なら300名様限定で82%OFFの価格で購入が出来ます。

通常価格3,980円のところ630円と、とても始めやすい価格になっていますので、気になる方は是非公式サイトをチェックしてみてくださいね。
めぐりの葉酸のご購入はこちら

レビューや口コミ評価・評判に関するツイート

さいごに

妊娠初期とはいっても、妊娠しているのに気付いた時点では、既に妊娠4週目に突入しています。

間に合わない!なんて焦らなくても、4週目から摂取することは全く遅くありません。

もし、今妊活中の方がいたら、今のうちに摂取しておくのもベストです。

また、授乳中でも葉酸不足になりますので、出産しても飲み続ける事は大事ですよ♪
めぐりの葉酸のご購入はこちら